合コンをはじめとする婚活のはじめ時

合コンを婚活の一種として参加している人は年齢とともに多くなってくるでしょう。しかしいつから婚活を意識したかで女性の場合かなり成功率に開きが出ます。婚活は始めるのが早ければ早いほどいいと思います。

私は高校生の時から、25歳までには結婚したいと思っていました。昔はよく、女性の価値はクリスマスケーキに例えられました。24、25を過ぎると誰からも必要とされなくなる。現代ではそんなことはありませんし、30才をすぎても若くて美しい人はたくさんいます。しかしやはり美しさのピークは25才くらいではないかと考えます。それ以降は努力なしでは美貌もスタイルも保てなくなってきます。

25歳で結婚したかったもう一つの理由は結婚式にぶりぶりのドレスを着たかったからです。女性なら誰しもお姫様への憧れがあるのではないでしょうか?お姫様のようなプリンセスラインのウエディングドレスが似合うのは20代までではないでしょうか?もちろん童顔の人などはもう少しいけるかもしれませんが私がお色直しできたピンクのドレスは29歳では着られなかったと思います。

婚活を意識させられたのは大学時代に居酒屋でバイトしていた時に、常連さんから声をかけられたからです。当時はまだ駆け出しであった結婚相談所に入ってみないかと言われました。当時は学生でしたし、もちろんお断りしました。しかしその時聞いた話では25歳までの女性は圧倒的にモテるということでした。そんなに数もいないでしょうから当然といえば当然です。

選択肢が増えれば、こっちから条件のいい男性を選ぶことが出来るので、結婚相談所に入るなら早めだなとその時思いました。結局25歳の年に付き合っていた彼氏と結婚したので結婚相談所に入ることはなかったですが、彼の決断が長引けば私は交際を断ち切って相談所に入っていたかもしれません。

合コンが結婚に直結するとは思えないので、本当に結婚したい人には結婚相談所をおすすめします。